mn-tenbou
  • 豊橋競輪場ミッドナイト9/7〜9/9

チャレンジ(7R)ミッドナイト

吉堂将規、武田亮の力比べ

吉堂将規

吉堂将規

武田亮

武田亮

山本隼人

山本隼人

服部正博

服部正博

 5名あっせんされている115期生から、戦歴上位の武田亮と吉堂将規がV争いをリードしていく。両者ともにまだ優勝はないものの、準決は連を外していないし、連対の決まり手は8割が逃げてのもので競走は積極的だ。ここまで4場所走って決勝で3度の確定板入りを果たしている吉堂を本命に推したが、武田も決勝で2度の確定板入りをしていて優劣は付け難い。ともに主導権を握って自分のペースに持ち込んでしまえば押し切り十分。興味深いV争いと言えよう。また、それぞれ吉堂、武田の番手が有力な山本隼人、服部正博にもチャンスのあるシリーズとなりそう。

吉竹雄城

吉竹雄城

出澤拓也

出澤拓也

 しかし、新人2人の前に強力な南関勢が立ちはだかる。吉竹雄城は成績不振でデビュー当初の11年以来のチャレンジ降格となったが、やはりモノが違う。直近の9月平では115期トップクラスの先行型である野上竜をまくって優勝を果たしている。ここもラインの先導役となって新人に対抗していこう。出澤拓也は前期1・2班戦で決勝に乗っていた実力者で降班後はさすがの貫禄。吉竹マークも考えられるが、自分が前で位置取り重視の自在戦でも中団以内をキープなら抜け出しVがあっていい。この両者との連係が見込める吉澤賢も連候補となる。

谷口幸司

谷口幸司

 前々からの好位飛び付きが得意戦法の谷口幸司の動向も見逃せない。今期は新人の後位をしっかり取り切って勝負していて好走続き。8月川崎で待望の初Vを奪取と波に乗っている。

  • 指数

    49
  • パワー
    ランク

    15
  • ハットリマサヒロ 服部 正博

  • 調子

    登録地 埼玉

    卒期 91期

  • 年齢 34

    戦法 捲逃

    BS数 5

  • 直近4カ月得点 75.20

    1着数 10

  • 逃げ 3

    捲り 6

    追込 5

    マーク 1

  • 勝率 40%

    連率 60%

    三連率 64%

能力値チャートチャレンジ

204060801000機動力ダッシュ差し脚デンジャー実績ポテンシャル ポテ73実績23デン0差し33ダッ71機動50

 かつてはS級を走っていた実力者。成績が振るわず今年は17年前期に続くチャレンジ落ちとなったが、“7車立てが向いている”と、その時にも現S級の若手を破って3Vをマークしたようにチャレンジの水が合っているようだ。前期は1V、準V4回と自力、自在に立ち回って再び結果を出している。“自分は気持ちで走るタイプ。あとは身体が反応してくれれば”と、前走の8月高松も新人相手に連日逃げて22着で決勝に乗っていて引き続き好調。得意の強烈ダッシュを生かしたカマシ、まくりで十分勝負になるが、ここは決勝に乗れば埼京ラインで武田亮を目標にレースを出来そう。今期初Vのチャンスだ。

  • 指数

    50
  • パワー
    ランク

    15
  • ヨシタケユウキ 吉竹 雄城

  • 調子

    登録地 静岡

    卒期 99期

  • 年齢 29

    戦法 自在

    BS数 1

  • 直近4カ月得点 76.74

    1着数 4

  • 逃げ 1

    捲り 7

    追込 5

    マーク 2

  • 勝率 14.8%

    連率 55.5%

    三連率 55.5%

能力値チャートチャレンジ

204060801000機動力ダッシュ差し脚デンジャー実績ポテンシャル ポテ56実績13デン1差し47ダッ58機動47

 成績不振でデビュー直後の11年以来のチャレンジ降格となったが、16年後期にはS級も経験している機動型だ。降班直前から調子を徐々に取り戻し、「ようやく練習の成果を実戦で出せるようになってきた」と話していただけに、今期は7場所で5回優参し、8月小松島で準V、直前の9月平では強い新人を破って優勝も果たした。「新人相手にも勝負出来ているし、チャレンジに落ちる前より状態はいいと思う」と自信を覗かせる。若手に前を任せるレースも増えてきたりで、以前の自力型から自在選手のイメージも強くなってきているが、「バックは減っているが、新人と無理に踏み合わないだけで自分のスタイルは変わっていない」ときっぱり。ここも立ち回りを工夫し、最後は自力を出して連続Vを目指す。

  • 指数

    49
  • パワー
    ランク

    11
  • タケダリョウ 武田 亮

  • 調子

    登録地 東京

    卒期 115期

  • 年齢 20

    戦法 逃捲

    BS数 10

  • 直近4カ月得点 77.17

    1着数 7

  • 逃げ 6

    捲り 1

    追込 0

    マーク 0

  • 勝率 58.3%

    連率 58.3%

    三連率 83.3%

能力値チャートチャレンジ

204060801000機動力ダッシュ差し脚デンジャー実績ポテンシャル ポテ98実績0デン0差し25ダッ72機動84

 高校時代は自転車競技で活躍。全国高等学校選抜大会1㎞TTで2位などの成績を残している。在校成績は28位と中位に止まったが、A評価を獲得しているように、能力の高さは折り紙付きだ。デビュー後も順当に力を発揮しており、優勝こそ果たせていないが、勝ち上がりは8戦全てで最終バックを取って7勝、3着1回と脚の違いを見せ付けている。「突っ張ってでも先行で勝てるようになりたい。持ち味はどちらかというとダッシュ系です。前回の立川は初のホーム戦で思った以上に緊張があったみたい。準決勝は先行で押し切れて良かったけど、決勝は下手な競走をしてしまいました。組み立てを考え直して豊橋には臨みます」。こちらも待望の初Vなるか注目。

  • 指数

    50
  • パワー
    ランク

    13
  • ヨシドウマサキ 吉堂 将規

  • 調子

    登録地 奈良

    卒期 115期

  • 年齢 26

    戦法 逃捲

    BS数 7

  • 直近4カ月得点 77.50

    1着数 3

  • 逃げ 6

    捲り 2

    追込 0

    マーク 0

  • 勝率 25%

    連率 66.6%

    三連率 91.6%

能力値チャートチャレンジ

204060801000機動力ダッシュ差し脚デンジャー実績ポテンシャル ポテ97実績0デン10差し25ダッ69機動73

 大学まではハンマー投げで活躍していたパワーレーサー。学校の競走訓練では、先行から追い込みまで多彩な戦法を駆使して12勝をマークし12位と健闘した。デビューから4場所走って優勝はないが、“卒業後は奈良のバンクで練習していますが、三谷竜生さんやトップの選手もいるので良い刺激になっています”と、準V1回、決勝3着が2回とさすがに安定した戦績。“落ち着いてレースはできているけど、まだ組み立てが下手だし、末の粘りが足りない”と課題や反省点を話すが、地脚を生かしたタテ攻撃は強烈で、7月小倉ミッドナイトの予選、準決はカマシ、まくりで後続を千切っている。思い切った仕掛けが決まれば初V奪取だ。

出場予定選手

ページトップへ