mn-tenbou
  • ミッドナイト競輪 ケイドリームス杯争奪戦12/4〜12/6

A級3班戦チャレンジレース(7車立て)

卒記チャンプの山本修平が決める

山本修平

山本修平

 力の抜けた新人4人によるV争いとなりそうだが、その中心は、115期のナンバーツーで、卒記チャンプの山本修平だ。デビュー戦は緊張もあったのか、逃げて予選4着とまさかの結果となってしまったが、3場所目の8月岐阜で追い込み勝ちながら初優勝をゲット。10月弥彦ミッドナイトでは2V目を3連勝で飾っている。直後の同月福井からは3場所連続準Vが続いているが、軌道に乗ってきただけに、得点最上位の今シリーズはしっかり勝つ。持ち前の加速力を生かした仕掛けで敵を一蹴しよう。

田中大我

田中大我

 着実に力を付けている田中大我も侮れない。10月向日町で113着の成績を残すと、続く平塚は112着。そして、11月富山では初優勝を無傷で達成と尻上がりの成績だ。特に富山の決勝では、レインボーカップの出場が決まっている同期の谷和を豪快にまくり切った。自信も付けているだろうし、ここもV獲りへ視界は良好だ。

鈴木涼介

鈴木涼介

天野純平

天野純平

 先行力を評価するなら鈴木涼介だ。デビュー戦の7月伊東以降は優勝がないが、大半の開催を連勝で優参と安定している。11月小田原の決勝で落車して、続く同月向日町は車の出が一息だったが、ここは上積みも見込めそうだし、好機に飛び出せば久々のVも。  天野純平はまだ優勝がないが、鈴木と同様に、先行基本の競走に徹して勝ち星は多い。“思い切っていくだけ”と走りはシンプルで、出切ってペースに持ち込めれば初Vが見えてくる。

大崎世志人

大崎世志人

 新人以外では大崎世志人が注目の存在だろう。7月高知ミッドナイトで野上竜を3番手から抜いての優勝が光るし、その後もコンスタントに決勝に乗っている。新人の番手があれば勝負になる。

  • 指数

    51
  • パワー
    ランク

    11
  • ヤマモトシュウヘイ 山本 修平

  • 調子

    登録地 東京

    卒期 115期

  • 年齢 23

    戦法 逃捲

    BS数 10

  • 直近4カ月得点 78.24

    1着数 12

  • 逃げ 5

    捲り 9

    追込 1

    マーク 1

  • 勝率 57.1%

    連率 76.1%

    三連率 90.4%

能力値チャートチャレンジ

204060801000機動力ダッシュ差し脚デンジャー実績ポテンシャル ポテ113実績0デン0差し27ダッ97機動76

 115期のナンバーツーで、卒業記念のチャンピオン。デビュー戦で優参に失敗といきなりつまずいて波に乗り切れず、同期の出世争いには出遅れたが、自分の得意な競走パターンをつかんでらしさを発揮し始めた。逃げても強くて予選や準決あたりでは圧勝する脚があるが、“加速力には自信があります”と、前のスピードに乗っていってのまくりに最も威力がある。10月弥彦ミッドナイトで2V目を飾った後は、セッティング等が今一つかみ合わず3連続準Vと惜しいレースが続いているものの、修正可能な範囲。レースで力を出し切れば自ずと結果は付いてくる。

  • 指数

    49
  • パワー
    ランク

    13
  • タナカタイガ 田中 大我

  • 調子

    登録地 奈良

    卒期 115期

  • 年齢 21

    戦法 逃捲

    BS数 8

  • 直近4カ月得点 77.67

    1着数 11

  • 逃げ 4

    捲り 8

    追込 0

    マーク 1

  • 勝率 61.1%

    連率 72.2%

    三連率 83.3%

能力値チャートチャレンジ

204060801000機動力ダッシュ差し脚デンジャー実績ポテンシャル ポテ85実績0デン11差し24ダッ95機動78

 学生時代は柔道に打ち込み、自転車経験は浅いが、競輪学校在校時の登坂トーナメントで優勝しているようにダッシュ力は115期勢の中でもピカ一。デビューから順調に優参を重ねる中で、着実にレースにも慣れていって成績は尻上がり。11月富山では待望の初優勝をゲットした。なかなか優勝が獲れず“問題は決勝”と話していただけに一つ壁を越えた感がある。“瞬発力が自分の全て”と言い切る潔さがあり、ここもタイミングを図ってのカマシ、まくりに賭ける。

出場予定選手

ページトップへ