• 玉野競輪場開設68周年記念瀬戸の王子杯争奪戦2/28〜3/3

インサイドレポート・シリーズ総評

ピックアップ GⅢ 玉野 02/28

太田竜馬

太田竜馬

 清水裕が鎖骨骨折で欠場。4人が落車した初日特選は地元の岩津裕が失格するなど、波乱のシリーズだったが、それでも中四国勢の層は厚かった。大挙6名が勝ち上がった決勝戦は徳島3人と中国3人に別れて力勝負を演じた。初日に落車した太田竜だが、2日目以降は連日、バックを取る力強い内容。決勝戦も主導権を取って阿竹智の優勝に大きく貢献した。

 「松浦(悠士)さんは強いし、後ろから全開で行こうと思っていて、その通り走れました。ジャンでけっこう、踏んだので重かったです。阿竹さんが優勝できるように走れば、自分にもチャンスがあると思ってました。(初日に落車したが)先行するぶんには大丈夫です」

 松浦悠は決勝こそまくり不発に終わったが、勝ち上がりは圧巻のパフォーマンスを披露した。

 「いまは誰かを目標にするんじゃなくて、自分が目標とされるような選手になろうと思っている。それが成長につながっています。(決勝は)もうちょっと早く(太田に)来てほしかったですね。一緒に踏んで、めちゃくちゃ踏ませて出させようと思ったんですけど…。(仕掛けた時は)行けそうなかかりじゃなかった。まだ、脚も気持ちも足りないですね」

取鳥雄吾

取鳥雄吾

 地元の取鳥雄は一次予選敗退となったが、気持ちを切り替え敗者戦3連勝で締めくくった。

 「初日に失敗したんですが、3連勝できたし、最低限のことはできました。まだまだ弱いんで、次は岩津(裕介)さんや柏野(智典)さんの前で頑張りたいですね」

鈴木謙太郎

鈴木謙太郎

 鈴木謙は準決勝で敗退したが、シリーズ3連対と存在感を発揮した。

 「今回はやったほうでしょう。前回(2月平F1)はインフルの欠場明けの開催で、脚は落ちていたんですけど、それからしっかり練習できて9割くらいまで戻った感じですね。減った体重も元に戻りました」

ページトップへ