news-detail-bnr

2019年12月2日 11時27分

深谷知広がスプリント 2戦連続で銅メダル獲得‼ ~UCIトラックワールドカップ第3戦・香港~

photo-6207
3位決定戦をストレートで快勝する深谷知広(左)「提供・日本自転車競技連盟」
photo-6208
表彰式で笑顔を見せる深谷知広(右)「提供・日本自転車競技連盟」
実力を証明

 11/28-12/1 に香港にて実施された『UCIトラックワールドカップ第3戦』において、深谷知広(愛知・96期)が男子スプリントで銅メダルを獲得した。深谷は前回のW杯第2戦グラスゴー大会で男子スプリント14年振りの銅メダルを獲得しており、これでW杯2戦連続での銅メダルとなった。
 準決勝で敗れた深谷は3位決定戦へと回ったが、その相手は前回のグラスゴー大会3位決定戦でも戦ったマテウス・ルディク(ポーランド)。見事ストレートで下して前回の銅メダルがフロックではないことを示した。
 以下、深谷選手の喜びのコメント。
「前回よりも嬉しい気持ちがあります。2大会連続のメダルなので、前回がまぐれではなかったことが証明できたと思います。この2連戦で世界トップの2人との力の差は感じたので世界選手権までには埋めたいと思います。次はもっと良い色のメダルを目指して頑張りたいと思います」

●レース結果
男子スプリント結果
優勝:ハリー・ラブレイセン(オランダ)
2位:ジェフリー・ホーフラント(オランダ)
3位:深谷知広(日本)

ページトップへ