news-detail-bnr

2020年2月10日 11時43分

藤根俊貴、植原琢也がGⅠ初勝利 ~全日本選抜競輪・豊橋競輪場~

photo-9689
藤根俊貴
G1初勝利にはにかみながらガッツポーズ
photo-9690
植原琢也
レース直後に取り囲む取材陣に笑顔を振りまく
113期勢が本領発揮

 豊橋競輪場で行われている全日本選抜競輪3日目の1レースで藤根俊貴、3レースで植原琢也がG1初勝利を飾った。

 1レースは藤根の番手が武藤龍生と田中誠で競り合い。真後ろで両者の意地が激しくぶつかり合う中でマイペースに持ち込みゴールまで踏み切った。
 「今の状態で(G1で結果を出すことは)は難しいと思っていたのに。今日はラインのおかげ」
と番手で競りを凌いだ武藤龍生と3番手を固めた志村太賀に感謝しきり。

 3レースは後ろ攻めから押さえた山田庸平を小埜正義が叩きに出ると、山田が突っ張り、先行争いに。併走の状態を植原が2コーナーまくりで仕留めた。
 「今日はフタをされても引かないつもりでした。まだ併走が下手で何度もバックを踏んでしまって、そこまで脚は溜まっていなかったんですけどね。でも、久々でまくり方を忘れていたけど、勝てて良かったです」

 両者は共に2018年7月デビューの113期。藤根は3回目、植原は初のGⅠ出場で嬉しいGⅠ初勝利となった。

堀江鉄二 記者

ページトップへ