news-detail-bnr

2020年6月30日 16時05分

新概定がいよいよスタート ~青森競輪場~

photo-15887
木暮安由
7車立て攻略へ作戦を練る
photo-15888
磯島成介
A級上位戦も持ち味の先行でアピール
新概定も見どころ十分

新型コロナウイルス感染症拡大防止の為、7月開催から7車立て9R制の新概定がスタートする。
また、2020年の後期も合わせて幕開け。昇降級組の奮闘が車券の鍵となりそうだ。

 シリーズリーダーを務めるのは競走得点トップの木暮安由(群馬・92期)。「7車立ては初めて走るし正直言って不安はある。しかも初日は二分戦なので難しい。走ってみないとって感じかな」と、慣れない7車立ての戦いに戸惑いを隠さない。しかしながら、「高松宮記念杯が終わっていつも通り普通に練習はしてきた。感触はだんだんと戻っていますね」と状態面の不安はなく今シリーズに臨む。

 A級戦では地元期待の若手・磯島成介(青森・115期)が1、2班に昇班し、初戦を迎える。「今まで7車しか走っていないし、地元は優勝した事もある。イメージは良いですね。1、2班戦になってもやることは変わらない。やっぱり先行でしょう。先行で頑張りたいです」。相性良い地元戦で激走を誓った。

1Rの発走予定時刻は16時30分。¥JOY×プロスポーツの締め切り時刻は発走の5分前となっております。

熊谷洋祐 記者

ページトップへ