news-detail-bnr

2020年7月25日 16時02分

隅田洋介が連続完全V ~取手競輪場~

photo-16784
隅田洋介
圧巻の走りで危なげなく連続完全V
次節は特別昇級が懸かる

 隅田洋介(栃木・107期)が23日~25日に取手競輪場で行われたF2シリーズで完全Vを達成。降級初戦の7月大宮開催に続いて連続完全Vを達成した。

 隅田は6月の青森でG3初制覇を果たし、11月の競輪祭出場権利を獲得。しかし、7月からA級1、2班戦の舞台に降級して暗雲が立ち込めている。開催時S級在籍という競輪祭出場の選考基準をクリアするには、選考期間の8月までに特別昇級するしか道はないという中、自らの脚でG1初出場へ一歩近づいた。

 23日に行われた初日は力強いまくりを放って1着。24日の準決勝では上がり11秒1という一番時計を叩き出して連勝。「2場所連続の完全優勝がかかっているし、何が何でも勝てるように」と、勝利のみを目指して臨んだ決勝戦は25日に行われ、「中団を取れたので行けるところから行こうと。連日脚の感じが良かったので、力一杯仕掛けて行きました」と、中団キープから鮮やかなまくりで圧勝した。
 「すごいうれしいです。競輪祭に出場することを目指して頑張っているので、次の場所でS級に返り咲けるようにします」
 次節は8月10日~12日に西武園競輪場で開催されるミッドナイトのF2戦に出場する予定だ。

本吉慶司 記者

開催情報

ページトップへ