不撓不屈・ボスの自転車人生

不撓不屈・ボスの自転車人生

後閑 信一 後閑 信一 ごかん しんいち 元競輪選手  平成2年4月に65期生としてデビュー。落車による大ケガや数々の困難を不撓不屈の精神で克服。第46回競輪祭、第15回寛仁親王牌、第56回オールスターとG1で3V。面倒見いい親分肌と風貌から〝ボス″と称された。平成30年1月引退。通算成績は2158戦551勝、2着311回、3着255回。

第58回 師匠の訓示で先行選手へ

 楽しい競走訓練は10戦10勝!高校時代に慣らしたスプリント技術と、プロの競輪選手との練習で作り上げた脚力は負ける気がしませんでした。戦法は捲りです。すっかり気を良くして師匠の新谷隆広選手へ報告の電話をしました。さぞ喜んでくれると思っていたのですが、「明日から全部先行してレースの主導権を取れ!」と言われました。その時は滝澤正光選手を例に出して話をしてくれました。師匠は48期生の在校成績第1位の実力者!それに対し当時の競輪界を代表する選手といえば怪物のニックネームを持つ滝澤選手。滝澤選手は43期生40位前後の在校成績の事などを伝えられ、決して成績ではないことを忘れないでほしい!と訓示を頂いたのです。
 それからというもの、私は毎レース先行へ戦法をシフトしました。戦法を変えた途端に成績は落ちるばかりです。捲れば勝てるのに、悔しくて悔しくてたまりませんでした。気持ちも落ちる一方で、毎日が憂鬱で不安でつまらなくなり、勝てない辛さを感じました。うまく行かない、勝てない事にただ漠然と落ち込んでいるだけの日々を過ごした時期もありました。
 しかし負けず嫌いな私は、徹底先行の山本真矢君や賀代茂雄君のレースを観察し先行のやり方を研究しはじめました。決して本人には聞きません!負けず嫌いでしたから(笑)。先行を勉強する毎日が始まりました。それに伴い自転車の踏み方や、長くもがける様な自転車にセッティングを大きく変える冒険もしました。先行選手への第一歩は師匠の訓示からでした。

ページトップへ