高橋清太郎選手 プロフィール

高橋清太郎選手の基本情報

ycm
  • 指数

    77
  • パワー
    ランク

    24
  • タカハシセイタロウ 高橋 清太郎

    調子

    登録地 岡山

    卒期 97期

  • 登録番号 014614

    生年月日 1985年4月17日

    年齢 34歳

    戦法 追捲

  • 今期級班 S級2班

    前期級班 A級1班

    前々期級班 A級1班

    次期級班 -

  • 直近4カ月競走得点 94.27

    今期競走得点 101.50

    前期競走得点 92.80

  • 練習地 玉野

能力値チャートS級

204060801000機動力ダッシュ差し脚デンジャー実績ポテンシャル
ポテン66実績9デンジャ6差し脚35ダッシュ29機動力19

戦法タイプ

先行タイプダッシュタイプ追込タイプ204060801000
先行タイプ8ダッシュT22追込タイプ72

高橋 清太郎選手 スポット・インタビュー

遅咲きのルーキー

2019年7月11日 更新
高橋 清太郎

高橋 清太郎

 2010年1月のデビューから9年半ががりで、ようやくたどり着いたS級の舞台。初戦の7月小松島記念で高橋が上々の滑り出しを見せた。「スピード感が合ってる気がする」の言葉どおり、2日目にS級初勝利。7着でシリーズを終えた。
 「力以上の成績を残しちゃったんですけどね。S級でも付いていけてるし、勝負できてるのかなって手ごたえはあった」
 高い潜在能力でデビュー前から将来を嘱望された選手だった。しかし、鎖骨骨折は97期在校中も含めて5、6回。さらにヘルニアにも悩まされ、16年11月武雄チャレンジ戦で初優勝するまでに7年近い時間がかかった。
 「初優勝はうれしかったし、ちょっと浮かれてたけど、師匠(筒井敦史)には『お前はここで終わるような選手じゃないから。これをステップに一緒に上で走りたい』と言われた。それまでは期待に応えなきゃってプレッシャーで、自分で自分を追い込んでたし、色々あって諦めてたところがあったから」
 優勝する1年ほど前から3年でS級を取れる選手になるという計画を立て、昔の感覚を求めるのではなく、土台作りから長いスパンで地道に取り組んだ。初優勝したその期でチャレンジを卒業すると、そこから一度もランクを下げることなくS級に。「やっと同じ土俵に立てる。やっとです」と高橋は笑うが、ここがゴールではない。
 「今はチャレンジャー。たまたまだと思うけど、S級初戦で1着が取れたのは自信になる。まずはこの場所に自分がいることが当たり前になるようにですね」
 ハードルを乗り越え、新たなスタートラインに立った遅咲きのルーキー。今後もその走りに注目したい。

ページトップへ