news-detail-bnr

2021年6月7日 19時00分

S級への特進をかけた一戦 ~別府競輪場~

photo-28448
藤井侑吾
得点最上位の存在
photo-28449
山本巨樹
S級へ勝負駆け
細切れ戦で激戦は必至

 6月8日、別府競輪開設71周年記念「オランダ王国友好杯」の最終日9レースに『レインボーカップA級ファイナル』が行われる。上位3名までに入ると、S級へ特進できる一発勝負。A級屈指の強豪による力勝負は見逃せない。

 ラインができるのは、①藤井侑吾-⑨西村光太の中部コンビ、⑦木村弘-③伊東翔貴の北日本勢、同郷の2人で並ぶ⑧北川大五郎-⑥山本巨樹の3つ。②小林令、④野口大誠、⑤佐々木龍の3名は単騎での戦いとなる。

 誰が勝ってもおかしくない一戦だが、得点最上位は前回の大垣FIで完全優勝を飾った藤井。「大垣で優勝できたので、ここに向けて弾みは付けられたかなと思います」と勢いそのままに参戦。「僕以外はみんなS級経験者なので、なんとか頑張りたいですね。理想は先行で勝ちたいですけど、みんな動けるので流れを見て走ります」。仕掛けどころを見極めて、西村と特進を決めるか。

 来期の定期昇級が決まってないのは、9人中、山本ただ一人。それでも、「S級が決まってないことがどうこうっていうより、とにかく1着を取りたい」と、目の前の一戦に集中する姿勢をアピールした。「最近は準決勝で飛んでいることもあるけど、脚的には問題ないと思っています」。何度も連係ある北川の番手から、持ち前の鋭脚を発揮したい。

 9レースの発走予定時刻は14時40分、エンジョイ×プロスポーツサイトの締め切り時刻は発走の5分前です。3枚の切符を勝ち取るのは誰か…。

岡崎優美 記者

開催情報

ページトップへ