四宮哲郎選手 プロフィール

四宮哲郎選手の基本情報

ycm
  • 指数

    66
  • パワー
    ランク

    15
  • シノミヤテツロウ 四宮 哲郎

    登録地 京都

    年齢 50歳

  • 期別 71期

    登録番号 012684

    戦法 追込

    調子

  • 今期級班 A級1班

    前期級班 A級1班

    次期級班 A級1班

  • 直近4カ月得点 90.21

    今期得点 90.65

    前期得点 90.86

  • 練習地 向日町

    生年月日 1973年7月18日

能力値チャートA級

204060801000機動力ダッシュ差し脚デンジャー実績ポテンシャル
ポテン31実績53デンジャ34差し脚56ダッシュ16機動力17

戦法タイプ

先行タイプダッシュタイプ追込タイプ204060801000
先行タイプ3ダッシュT3追込タイプ64

四宮 哲郎選手 スポット・インタビュー

自身の競輪道を貫く

四宮 哲郎

四宮 哲郎

 目標不在の時はジカ競りも辞さない生粋のマーカー。スピード化が進む現代競輪のなかでは“絶滅危惧種”と言ってもいい存在だ。
 「自分の中で先行1車だと思ったら、ジカで競りにいくと決めている。ダッシュがないから飛び付きよりも、ジカで競った方が得意っていうのもあるけど、何よりそれが筋だと。だから内が空いた時にすくって番手を取るやり方はしない。その戦法を否定するわけではないけど、しっかり競ってヨコの技術で位置を取ることが重要だと思っている」
 昔気質の競輪を体現する四宮哲郎だが、それ故に葛藤する部分も多い。
 「最近は7車立てということもあるけどレースが単調。競輪自体もそうだし選手の考え方も変わってきている。例えば中部が2人、近畿が2人の番組の時に近畿のもう1人の選手が中部の後ろを選ぶと自分は4番手になる。絶対に4番手は回らないということはないけど、それだったら位置を狙う競走や競り込みにいくでもいいから前で頑張って欲しいと思う。競輪は一つのストーリーみたいなものだし積み重ねが重要。自分も勝負をしてきたし、近畿や中近だからといって、ただ点数(競走得点)順で並ぶというのは違うと思う」
 今年の1月からはピスト6にも参戦。新たなチャレンジを通して手応えをつかんだ。
 「せっかくピスト6を走るからには、自分で動くことを意識している。タイミングがあれば先行も考えているし、いろいろ試しながら新しいことにチャレンジしたい」
 今年7月で齢50を迎えるが、まだまだ闘志は消えておらず目標に向かって突き進む。
 「デビューした時に4つの目標を立てた。1つ目はG1に出場すること、2つ目は何かで日本一になること、3つ目はS級でF1戦を優勝すること、4つ目は記念の決勝に乗ること。G1には出場できたし、全プロ(競技大会)も優勝できたので1、2個目の目標は達成できた。残る2つはS級に戻らないと達成できない。前々期に久し振りにS級に復帰して楽しく感じたし、もちろんまたS級に戻りたい。そのためにも今は自分の競輪道を貫いて、自分が納得のいくレースができるように1戦1戦を走っている」
 時代の流れの中で社会は大きく変わる。それは競輪界も例外ではない。その流れに四宮が必死に抗い、スタイルを貫いていく。

2023年5月24日 更新

ページトップへ