南潤選手 プロフィール

南潤選手の基本情報

ycm
  • 指数

    82
  • パワー
    ランク

    13
  • ミナミジュン 南 潤

    登録地 和歌山

    年齢 23歳

  • 期別 111期

    登録番号 015186

    戦法 逃捲

    調子

  • 今期級班 S級1班

    前期級班 S級2班

    次期級班 S級2班

  • 直近4カ月得点 100.52

    今期得点 100.52

    前期得点 102.65

  • 練習地 和歌山

    生年月日 1997年11月13日

能力値チャートS級

204060801000機動力ダッシュ差し脚デンジャー実績ポテンシャル
ポテン93実績5デンジャ0差し脚14ダッシュ63機動力58

戦法タイプ

先行タイプダッシュタイプ追込タイプ204060801000
先行タイプ54ダッシュT51追込タイプ3
南 潤 選手
選手紹介

17年7月にデビュー。18年4月の函館でデビュー後最速のG3優勝記録を更新した。18年5月から弊社スポンサード選手に。19年1月にS級1班に初昇格。ビッグ戦線を中心に奮戦している。全プロの1㎞タイムトライアルを18年、19年に連覇。これからの近畿、競輪界を背負って立つ機動型だ。

    • 青森記念頑張りますっ!!

    •  みなさん、お久しぶりです。23日からの青森記念に参加します。青森は7月にも走っていますし、バンクは走りやすいイメージです。8月の松戸記念で落車してしまってフレームが壊れてしまったので、前回の富山から昔使っていた小さめのフレームに換えました。前回は負け戦ですけど1着を取れているので悪くないと思います。8月のいわき平のオールスターで久々にG1を走らせてもらったんですけど、全然ダメで本当に悔しかったですね。4日間、走ることさえできなかったので。ここ最近は記念の決勝にも何年も乗れていないですけど、状態は良くなってきていますしきっかけがつかめればと思って頑張っているところです。どうしても昔の良い頃のイメージが残っていてそこを追い求めてしまうこともあるんですが、レースだったり自転車やセッティングだったりも昔とはだいぶ変わってきているので対応できるように自分も変わっていけるように。早く以前みたいに常にG1で戦えるところまで戻りたい気持ちはありますけど、焦らずに頑張っていきたいと思っているので応援をよろしくお願いします。

    • 明るい兆しがほしい

    •  みなさん、こんにちは。5月20日からの前橋記念に出場します。嫁さん(小林彩乃)の実家が前橋競輪場から10分くらいのところにあるので、前々検日は泊まって来ました。もう何回も泊まっていて、自由にさせてもらっているのでリラックスして過ごせました。
       自転車に乗っている感じがずっと変だったんですが、(4月)奈良が終わったくらいから良くなりました。最近は初日はクリアできているんですが、2日目が緊張してダメなことが多いですね。ドームは好きなんですが、33(バンク)はちょっと苦手です。ダッシュ自体はいいし、33のメリットはあると思うので、最後までしっかり踏み切る走りをしたいと思います。準決勝、決勝まで行ければいいんですけど、メンバーが良くても4、5着には残れるようにしたいですね。むちゃくちゃ悪い結果ではなくて、ちょっと戻ってきたなって思われるような兆しがほしいです。

    • 調子は上向いてる

    •  2月豊橋の初日に100勝を達成しました。でも、正直なところ100勝したからっていうのはないです。通過点だし、特に意識はしてなかった。レースが終わって、周りに言われてから気づいたくらいなんで。(妻の小林彩乃は寝ていてライブを見逃したとツイートしていた)らしいですね(笑)。帰ってからも、「寝てて、ライブを見てなかった」と言われました。
       最近、上向きにはなってきてますね。走ってる感じもちょっとずつ自信を持ててるというか。豊橋でもカマせる自信があったので。変えたところは特にないです。練習していく中で、こんな感じやったなっていうのが戻ってきて、いい感じになってると思う。
       せっかく戻ってきてるので、次のウィナーズカップ(松阪競輪場で3月25日から)も自信を持って行きたいな。バンク自体も悪い印象はないし、走りやすいと思う。久しぶりに大きいレースを走れるので、しっかり復活じゃないけど、いいレースを見せられたら。頑張りたいと思います。

    • チャレンジャー精神で

    •  まだ大事なところでいけてない部分があるけど、脚の感覚とか先行してる感覚は良くなってきてます。先行すれば残れるかなって、そっちの自信はあるんですけど、まだまくりに構えるといけてないかな。先行で逃げ切れるようになると、相手も僕を後ろに後ろに置こうとする。後ろで構えると前の人よりスピードを出さないといけないので、スピードの変化というか、前が駆けてるなかでのまくりの切れが必要かなと前回の和歌山では思いました。
       ただスピードには自信があります。21日に和歌山競輪場で開催された近畿地区プロではスプリントに出て、ハロンは10秒3で全体の1位だった。人と対戦するのが下手で最終結果は4位だったんですけどね。元々はダッシュを生かしてカマシ、まくりのほうが好きなんで、後ろになってもガツンと入るようになれば戦えると思います。
       和歌山の初日や優勝した大垣のようなレースを、これからもやっていければ一番いいかな。和歌山の初日は寺崎(浩平)さんを相手に出し切るレースができたし、大垣の決勝も山口拳矢さんの連勝を絶対に止めたいなと思って走った。やっぱり気持ちが大事だなと思いました。大垣では村上(義弘)さんに「お前はチャレンジャーでおったほうがいいんや」って言われたし、頑張って先行で戻していきたいと思うので応援して下さい。

    • 結婚しました

    •  みなさん、こんにちは。いつも応援ありがとうございます。
       わたくしごとですが、1月29日に以前からお付き合いさせていただいていたガールズケイリン選手の小林彩乃さんと入籍しました。
       なんで(入籍を)1月29日にしたかっていうと、2人とも競走がなくて、大安の日がいいなってことで、その日にしました。師匠の池田智毅さんには、入籍する日の夕方くらいに「これから籍を入れに行ってきます」って電話で報告しました。「おめでとう」と言って喜んでくれたのはうれしかったですね。彼女とは同期だけど、競輪学校時代は一度も話したことがなかったんですよ。彼女が和歌山に出稽古しにきていた時に、同期の布居大地君とかと一緒に食事をしにいったのが仲良くなったキッカケです。今のところは彼女も現役を続けるつもりだし、移籍するとかは考えてはいないみたいです。練習は一緒にするんですけど、僕はプライベートはオンとオフを分けたいので、あまり競輪の話はしないようにしています。男子と女子では戦い方も全然違いますしね。
       結婚したからといって、あまり気持ちの変化とかはないですね。ただ、結婚して弱くなったとは言われたくないので、頑張らないとっていう気持ちにはなりました。まずは競輪に集中して頑張っていくので、これからも応援よろしくお願いします!!

    • 地元記念、頑張ります

    •  ヤンググランプリは応援ありがとうございました。ちょっとずつ調子は良くなっているので、一回去年のことは忘れて、気持ちを入れ直して今年からまた頑張りたいと思っています。
       地元記念に向けて練習はしてきました。去年の競走の時と比べたら、最近の練習はそこまで悪くない気がしています。ヤンググランプリから自転車を変えているんですけど、それも良い感じだと思います。初日は同県の中野彰人さんが付いてくれますし、決勝に和歌山の選手がひとりでも多く乗れるように走っていきたいですね。今年は、まだFI開催で完全優勝をしたことがないので、完全優勝を狙って頑張りたいです。GIでは勝ち上がっていきたいですね。でもまずは、地元記念で決勝に乗れるように頑張ります。応援よろしくお願いします!!

    • 競輪祭に出場します

    •  最近の状態自体はいいんですが、自転車が進まないですね。脚にも気持ちにも余裕はあるので、アレって感じです。原因は自分でも分かりません。前回の地元の和歌山も結果は出なかったんですけど、終わってから練習でしっかりもがけたので、調子は大丈夫です。
       今回は一走目が2日目になります。練習はしてきてるんで、明日はケアして疲れを取りつつ、ちょっと自転車に乗って練習もしようと思ってます。浅井(康太)さんに任されたので、自分のできることをしっかりやります。とにかく力をしっかり出し切ります。
       来月はヤンググランプリの出場します。去年(2着)よりいい成績と言ったら優勝しかないですからね。ヤングまでにどれだけ自信を取り戻せるかでしょう。113期はみんな強いし、年上ばかりなんですけど、自力で優勝を目指して頑張ります。

    • 先行力を磨きます

    •  みなさん、こんにちは。南潤です。いつも応援、ありがとうございます。今年は(3月)小倉G3で優勝することができたんですが、それからちょっと低迷してますね。脇本(雄太)さんの影響で、グループの練習がトップスピードを上げることに重点を置いた内容に変わりました。確かにトップスピードは上がっているんですが、逆に持久力は落ちている感じがします。1回前に出てニュートラルに入れてから、もう1回しっかり踏むことができなくなっている。流れに乗って、カマシ、まくりが決まればいいんですけど、先行した時にタレてしまうレースが増えています。昔のほうが確実に先行力はありました。前回の共同通信社杯を走って、そう感じたので、これからは上手くバランスを考えながら、持久力の強化、長くもがけるような練習を意識してやっていきます。とにかく自転車に乗る時間を増やしていきたいと思ってます。
       来月の寛仁親王牌でその練習の成果が出せるかどうかですね。全プロの1㎞タイムトライアルで優勝して、今年も理事長杯を走れます。去年は5着までに入れなかったし、今年はしっかり5着以内に入って、準決勝を確定させたいと思ってます。
       今回の向日町記念もしっかり決勝まで勝ち上がれるように頑張ります。初日は稲垣(裕之)さんの前で、自信を持って先行したいです。ラインで決まって、自分が押し切れれば一番いいですね。

ページトップへ