news-detail-bnr

2021年7月22日 21時50分

武田亮が猛アピール ~松戸競輪場~

photo-30027
武田亮
今期S級昇級後も先行一本を貫く
準決勝は大石剣士との真っ向勝負

 7月22日(木)に初日を迎えた松戸競輪F1ナイターシリーズで武田亮(東京・115期)がS級での勝ち上がり戦で初勝利を飾った。

 別線のまくりを自らけん制し、力強く逃げ切った武田は「予選での初勝利を狙っていたわけではなくて、結果より自分の競走をすることを心掛けていた。出し切れたのが良かったですね。今回からギアを上げたんですけどいつもの脚の回転数と違ったので違和感はあったが悪くはなかった」とレースを振り返り、新しいギアもまずまずの手応え。

 準決勝は格上の大石剣士(静岡・109期)が相手となるが「レースは見ているので強いのは分かっている。まずは自分の競走をさせてもらえるように」と真っ向勝負する構え。

 徹底先行を貫く東京の新鋭が台風の目となり準決勝も奮闘する。

及位然斗 記者

開催情報

ページトップへ