news-detail-bnr

2021年4月5日 22時56分

ガールズ決勝は一騎打ちムード ~四日市競輪場~

photo-25826
石井寛子
準決勝1着でVサインを見せる
photo-25827
小林莉子
ガッツポーズで写真撮影に応える
ガールズ屈指の自在型が激突

 四日市競輪場で開催されている「ベイサイドナイトドリームG3」は4月6日に最終日を迎える。第9Rではガールズケイリンの決勝戦が行われ、3連勝で勝ち上がった石井寛子(東京・104期)と小林莉子(東京・102期)の完全V対決に注目が集まる。

 準決勝を終えた石井は「まだ改善の余地はありそうですね。3日間バックを取れているし、こんなに良い成績は久しぶりです。(感触は)思ったよりそうでもなかったので、修正してしっかり仕上げます」とまだまだ物足りない様子だが、その中でもしっかり結果を出しており、その辺りは流石と言ったところ。ガールズ屈指の自在選手として決勝戦でも持ち味を存分に発揮するだろう。

 小林莉子は決勝戦のメンバーを見つめながら、「自在選手が集まってますね。(石井)寛子さんを後ろから抜くのは難しいと思う。寛子さんとはトップスピードが違いますから。理想は先に仕掛けたいですね。難しい戦いになると思うけど、チャレンジャーなので。まずは勝負権のある位置をしっかり取りたい」と意気込んだ。

 なお、9Rの発走予定時刻は19時03分。¥JOY×プロスポーツの締め切り時刻は発走の5分前となっております。

本吉慶司 記者

開催情報

ページトップへ