宮本隼輔選手 プロフィール

宮本隼輔選手の基本情報

ycm
  • 指数

    85
  • パワー
    ランク

    13
  • ミヤモトシュンスケ 宮本 隼輔

    登録地 山口

    年齢 26歳

  • 期別 113期

    登録番号 015282

    戦法 逃捲

    調子

  • 今期級班 S級1班

    前期級班 S級1班

    次期級班 S級1班

  • 直近4カ月得点 107.74

    今期得点 107.74

    前期得点 108.05

  • 練習地 防府

    生年月日 1994年7月31日

能力値チャートS級

204060801000機動力ダッシュ差し脚デンジャー実績ポテンシャル
ポテン96実績2デンジャ1差し脚21ダッシュ68機動力61

戦法タイプ

先行タイプダッシュタイプ追込タイプ204060801000
先行タイプ57ダッシュT55追込タイプ3
宮本 隼輔 選手
選手紹介

父の忠典(55期・引退)を追って輪界入り。2018年7月にデビュー。2019年1月にS級2班へ特別昇級を果たした。3月には本社杯「第113回生ルーキーチャンピオンレース(若鷲賞)」を制覇。5月から弊社スポンサード選手に。同月富山でS級初優勝を飾った。松井宏佑や藤根俊貴ら同期のライバルたちと激しい出世争いを繰り広げている。

    • 地元記念に向けて

    •  まだ、あんまり良くないんですけど、一時期の先が見えないって感じはなくなって、最近は少しずつ体が動いてきてる状態かな。兆しみたいなのが見えてきた段階ですね。前回のブログで話したときは、この状況をフレームでどうにかしようと思ってたけど、今はしっかり体が動くようにと思って、先輩が話してたのを思い出して自分に合ったケアと体の動かし方を教えてもらえる人を見つけました。通い始めて3カ月ぐらいになるけど、良くなってきてると言ってもらえるし、自分でも手ごたえがあります。人に言われるより自分でどう感じるかが大事だけど、自分が良くなってきたと思ったときにそう言ってもらえると自信になりますね。
       地元記念まで時間があるので、もう少し状態を良くして臨めるかな。去年、地元記念を走ったときはあまり状態が良くなかったので。というか、最初は勢いだけで、デビューしてからずっと思うようには走れてなかった。考え出すと空回りして、体も精神面でも落ちてたけど、今はやっと盛り返してきたところです。これで成績もついてきたらいいんですけどね。なかなか呼ばれなくて、地元を走るのも去年の記念以来。明確な目標は立てられないけど、去年よりは楽しみにしてます。

    • 上位で戦えるように

    •  みなさん、お久しぶりです。今年の前半戦はいまいち自分の状態が分からないまま、フワフワした感じで終わってしまいました。2、3月頃はいい結果も残せていたんですけど、なんでいいのか自分でも分からない感じでした。去年からずっとそんな状態が続いています。
       平のサマーナイトは1勝できたんですけど、状態的には悪い感じを引きずっていました。ここ3場所は毎回、違う自転車を使って、いろいろ試行錯誤はしているんでけどね。まだ、しっくりきてないです。来月にはオールスターもあるので、そこに向けて少しでも良くなるように取り組んでいます。
       しっかり上位で戦えるように、まずは自転車に乗った時のいい感触、手応えというのをつかんでいければと思っています。すぐに結果はでそうにない感じなんですが、長い目で見守っていただければうれしいです。

    • 勝ちにいきます

    •  明日はヤンググランプリです。最近は成績が悪くて、ここに向けてというよりも、どうやったら走れる状態に戻せるかを考えて、自転車にはほとんど乗らず、体のケアを中心に過ごしてきました。広島記念の前は本当に練習ができてなかったので、無理に出ても後ろに付いてくれた選手に迷惑をかけてしまうと思ったので欠場させてもらいました。悪い時はここが悪いっていうのがだいたい分かるんですけど、今回はそれも分からない状態です。競輪選手になって本当にいい状態で走れたことはなくて、いままでダマしながらやってきたんですが、それダマせなくなっったんだと思います。いまは探りながらやってます。前検日に乗った感じは風が強すぎて、あまり参考にならないかなって思ってるんですけど、自分の体的にはしっかり休めたので軽くていいかなと思います。みんな単騎なので、自力というより最悪は内も考えて、自在に何でもやって優勝を狙います。応援よろしくお願いします。

    • 気持ちは乗ってます

    •  こんにちは。宮本隼輔です。デビューしてもうすぐ1年なんですけど、ここまではデキすぎかなって思ってます。S級に上がってから消極的なレースが多くてモヤモヤしていた時に、桑原(大志)さんに今のままだと先がないぞって言われて、意識が変わりました。そういうことを言ってくれる人は少ないんで、本当にありがたいです。(5月)富山からバックを取ることを意識して走るようにしたら、いきなり優勝できました。(6月)四日市(G3)でも4日間、しっかりバックを取れて自信になったし、手応えをつかめました。
       (清水)裕友とは同級生で練習も一緒にやってます。宮杯でも決勝に乗ったし、やっぱりすごいですね。早く一緒に走りたい気持ちはあるんですけど、自分のペースでひとつひとつのレースをまずはしっかり走ろうと思ってます。でも、今年中にG1、G2に1回は出てみたいです。それがいまの目標です。
       趣味とかは全くなくて、練習して、寝るという毎日の繰り返し。競輪に集中してます。富山、四日市といい感じで走れて気持ちは乗ってます。次の佐世保(6月19日~21日)もバックを取る走りで頑張ります。応援、よろしくお願いします。

ページトップへ