上野雅彦選手 プロフィール

上野雅彦選手の基本情報

ycm
  • 指数

    77
  • パワー
    ランク

    20
  • ウエノマサヒコ 上野 雅彦

    登録地 香川

    年齢 20歳

  • 期別 119期

    登録番号 015552

    戦法 逃捲

    調子

  • 今期級班 S級2班

    前期級班 A級2班

    次期級班 S級2班

  • 直近4カ月得点 100.05

    今期得点 94.24

    前期得点 78.20

  • 練習地 高松

    生年月日 2001年11月26日

能力値チャートS級

204060801000機動力ダッシュ差し脚デンジャー実績ポテンシャル
ポテン110実績0デンジャ8差し脚3ダッシュ52機動力45

戦法タイプ

先行タイプダッシュタイプ追込タイプ204060801000
先行タイプ65ダッシュT68追込タイプ13

上野 雅彦選手 スポット・インタビュー

ほろ苦かった初記念

上野 雅彦

上野 雅彦

 ルーキーシリーズ2場所目となる大宮の決勝で落車に見舞われた。続く和歌山は欠場を余儀なくされ、復帰が7月、高知のチャレンジデビュー戦となった。
 「(落車で)薬指を骨折していて、ハンドルが握れなかった。それで(チャレンジは)不安もありました。ダッシュが落ちてるって、周りからも言われたんで」
 その高知を3連勝。終わってみれば怪我の心配も杞憂に終わり、あれよあれよで3場所連続の完全V。無傷でチャレンジを卒業した。
 「正直、注目されずに、しれ~っと上がりたかったんですけどね(笑)」と、S級特進までを振り返った上野雅彦。そのままノンストップでA級1、2班戦を9連勝。18連勝で同期では吉田有希に次いで、2番目にS級レーサーの仲間入りを果たした。
 「自分ではデキすぎ。手応えですか、そうですね。A級1、2班の2場所目の防府は連日、落ち着いて動けました。一番、きれいに力を出し切れた」
 3日間バックを取り切った防府での自信をA級ラストの和歌山につなげた。が、S級初場所の福井では4着。2勝をマークしたが、初日予選で連勝が止まった。
 「連勝が続いている限りは、勝ちを意識しろって先輩方にも言われた。連勝が止まったら先行主体でって師匠(福島武士)からは。だから、いまは目先の勝ちよりも内容です」
 前検日に初めての記念の抱負をこう口にしていた上野は、結果的には四日市記念を1着。先行ができたのは、2日目の二次予選の1走だけだった。
 「全然、自分らしい競走ができなかった。9車立てというよりも、A級とS級のペースの違いですね。2日目は経験したことのないオーバーペースだった。(グレードレースが)初めてにしても、内容が悪かった。自分のレースをさせてもらえなかった。ただ、まぢかでトップ選手の走りを見て勉強にもなったし、刺激にもなりました」
 最終日に連係した三宅達也が目を細めて「うちの子とも1歳しか違わん」と言うように、まだもうすぐ20歳を迎えるハイティーンだ。
 「(同期で気になるのは)やっぱり同学年の吉田有希ですね。高校の時から知ってるし、S級に上がってからも強い。自信をもって迷いなくいっている。まだそこが自分にはない」
 すでにS級でも勝ち星を量産している吉田とともに、119期をリードしていく。そのためにも、A級で得た時と同じ自信を身につけたい。

2021年11月16日 更新

ページトップへ