不撓不屈・ボスの自転車人生

不撓不屈・ボスの自転車人生

後閑 信一 後閑 信一 ごかん しんいち 元競輪選手  平成2年4月に65期生としてデビュー。落車による大ケガや数々の困難を不撓不屈の精神で克服。第46回競輪祭、第15回寛仁親王牌、第56回オールスターとG1で3V。面倒見いい親分肌と風貌から〝ボス″と称された。平成30年1月引退。通算成績は2158戦551勝、2着311回、3着255回。

第63回 卒業記念は無念の決勝3着

 競輪学校生活も終りを迎えようとしています。今では考えられない程に古い校舎。冷房なんてありません!暖房は居室の通路の下にあるストーブみたいな物しかありませんでした!雨でレーサーシューズが濡れてしまうと、中敷きを外してそのストーブに立てかけるくらいしか出来ず、部屋は足臭くて仕方がない。洗濯機も二層のものしかなく、とにかく全てが一昔も二昔も前に感じます。でも、いま思うとそんな生活が懐かしく思えます。
 卒業間近になると大きな行事が2つあります。卒業記念レースと資格検定です。資格検定とは国家試験で、自転車競技法のペーパー試験と実技のタイム測定。これをパスしないといくら10ケ月過ごしてきても卒業する事は出来ません!自習室で勉強する生徒も増えて緊張の日々が続きました。資格検定が終わるとあとは卒業記念レースに備えるだけです!65回生の在校成績は1位京都府・山本真矢選手。2位福岡県・吉岡稔真選手。3位東京都・古川圭選手。4位愛知県・渡会宏和選手。5位が私・後閑信一。私は5位の悔しさを、この卒業記念レースで優勝して一発逆転!を狙うしかない。とメラメラ闘志をむき出しにしていました。
 卒業記念当日は朝から緊張しまくっていました。予選では次々とレースが進行していきます。正直、集中している時間もないまま召集され走る状態の中でも、何故か今までと違う自分がいるのを感じていました。それは観客の数にあったのです!入学からずっと無観客で走っていましたが、やはり目立ちたがり屋の私は、たくさんの人に見られると普段以上の実力を発揮できる事に気付いたのです。学校生活の中には数回、展示訓練という実際に開催している競輪場へ行き、お客様の前で模擬レースをするのですが、やたらとテンションが上がったのを思い出します。今思うと観客の数が私のモチベーション!卒業記念レースは忙しいけれどワクワクがとまりませんでした。だって優勝はオレだ!となぜか信じて疑わず勘違いしている己がそこにいたのです!でも兆む時は勘違いして恐れない方がいい!それが若さの強味だと思います。レースはいよいよ決勝戦を迎えました。スタンドには両親をはじめ、親戚一同と彼女にその両親が来て、私の緊張はマツクス状態!中団から捲りあげるも届かず3着!優勝は古川圭選手でした。高校から技能免除で競輪学校へ入学をして楽勝!と思っていたらまさかの帰宅部・吉岡稔真の出現と、人生そんなに甘くない私の競輪人生が始まろうとしていました。

ページトップへ