news-detail-bnr

2021年9月10日 00時26分

転身組の菊池翔が奮闘 ~青森競輪場~

photo-31779
菊池翔
持ち味は踏み出し鋭いダッシュ
サッカー選手から未経験の競輪選手へ

 9月9日に初日を迎えた青森ミッドナイトシリーズには3人の新人選手が参戦している。サッカー選手(いわきFC)からの転身組として今夏デビューした菊池翔(福島・119期)は、自転車競技未経験ながら身体能力の高さでカバーし奮闘している。
 
 前検日の取材では「(競輪選手になったキッカケは)所属していたいわきFCの社長にクビを言われて、その代わりセカンドキャリアとして競輪選手の道を作ってくれた。自分もプロの世界で生きていきたかったので選手を目指しました。プロの世界で戦う以上はしっかり結果を出していきたい」と選手になった経緯と抱負を教えてくれた。

 初日は初めての青森バンクで力強く逃げ切り「突っ張りたかったですけど、落ち着いていきました。カマシだったのにタイムが出ていなかったので明日以降はもっとタイムを出したいですね。青森は初めてで指定練習の時は重い感じもしたがレースは軽く感じました」とレースを振り返り当所へも好感触。

 異色の転身レーサーが2度目の優勝へ準決勝も抜群のスピードを見せつける。

及位然斗 記者

開催情報

ページトップへ